雲仙岳災害記念館

top.jpg info_en_on.gifinfo_en_on.gif info_co_on.gifinfo_co_on.gif info_ca_on.gifinfo_ca_on.gif info_tw_on.gifinfo_tw_on.gif

カフェ・レストラン『ケルンの森』

カフェ・レストラン 『ケルンの森』のご紹介

いくつも連なる雲仙岳の峰々。そんな雄大な景色が見られる森の中に一軒のペンションがありました。噴火で森林は燃え、町も住めなくなった被災地。移転を余儀なくされたペンションは、カフェ・レストランとして新しく生まれ変わりました。雄大な風景の中で、ゆっくりとくつろいでいただきたい。そんな思いのつまったカフェ・レストランです。雲仙岳災害記念館の2階にあり、一面ガラス張りの大パノラマには、新しく誕生した平成新山を見ながら食事ができます。また、テラス席からは、穏やかな有明海を眺められます。

メニューのご紹介

当館オリジナル『溶岩ドームカレー』

普賢岳をイメージしたご飯の頂上に、地元特産のジャガイモをふんわりのせて平成新山(溶岩ドーム)に見立てました。ビーフカレーはマイルドな中にもコクがあり好評です。辛さ控えめなのでお子様にもどうぞ。


島原スイーツNo1『寒ざらし』&ソフトアイス

一つ一つ手で丸めた白玉を冷たい湧水でさらすことから名前の付いた「寒ざらし」。モチモチの食感と昔なつかしい特製シロップで楽しむ甘味です。歴史風情のある城下町、島原にマッチしたデザートです。 このほか、選べるソフトアイス(バニラ、黒ごま、宇治抹茶、マンゴー、イチゴバニラ、マスクメロン、チョコレート)も子供たちに人気です。


当館オリジナル『山崎屋ハリハリラーメン』

九州豚骨ラーメンにハリハリ漬けを付けた新感覚のオリジナルメニューです。


郷土料理『ろくべえ汁』

ろくべえは島原一帯で食べられる郷土料理です。 島原市の背後にある眉山が崩落し、有明海には津波が巻き起こり、沿岸一体に大被害を与えた『島原大変』。 島原大変で発生した食糧危機の際、サツマイモを粉末にして山芋を入れ、うどんのようにしたものがろくべえの起源と言われています。 甘みのある麺と出汁の組み合わせは絶妙!!溶岩げんこつ天ぷら付で食べごたえあります。



島原復興アリーナや平成町人工芝グラウンドのすぐ隣です。スポーツ等でお越しの方もお気軽にお立ち寄りください。

店舗情報
 〒855-0879 長崎県島原市平成町1-1雲仙岳災害記念館内
 TEL:0957-63-5775
 営業時間時間・休館日
 10:00~16:00(土日・夏休みは17:00迄)
 団体様等はご予約いただければ確実です。