有料展示ゾーン内2F通路に新しい展示を設置しました。

有料展示ゾーン内2F通路に新しい展示を設置しました。

平成14年、がまだすドームは雲仙普賢岳噴火災害の脅威と教訓を後世に伝承する事などを目的に開館しました。火砕流や土石流を疑似体験したり、火砕流の速さや江戸時代に起きた「島原大変・肥後迷惑」をわかりやすく上映するシアターなどを展示しております。

その後、阪神淡路大震災や北海道南西沖地震、また未曾有の被害をもたらした東日本大震災など自然災害が発生し、今なお復興に向け取り組んでいる地域も少なくありません。
そんな中、この島原の経験を活かすべく、視察・勉強・研究等で、多くの方が当館にご来館頂いております。

今回、有料展示ゾーン内2F通路に【避難・復興・再建の道のり】をわかりやすく紹介する展示ゾーンを設置しました。島原復興の歴史を見る事が出来ると思いますので、ぜひ当館へお越しいただき、ぜひご覧ください。

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>