今月のサイエンスステージ

がまだすドーム(雲仙岳災害記念館)では、身近な材料を使って自然災害を分かりやすく実験で紹介する「サイエンスステージ」を実演しています。毎日2回(11:00頃~、14:00頃~:15分程度)。火山や自然災害のメカニズムが分かります。

今月のサイエンスステージ

①熊本地震を受けて始めた新しいプログラム 「ぐらぐら地震実験」
水槽の中に小さな町を再現し、地震の揺れで建物がどうなるかを観察します。
実験終盤には驚きの変化が見られます。

②ココアを使ったなんだか美味しそうな実験!「土石流実験」
食材に使われるココアを火山灰にみたて、活発に活動中の火山の周辺で雨が降るとどうなるかを再現する実験です。

③国内史上最大の火山災害を実験で再現「山くずれ実験」
火山が誕生し。大きくなりすぎた火山が大崩壊するまでを再現。実際に島原で起きた江戸時代の出来事を解説を交えて実験で再現します。緑の小山からなぜかおいしそうな香りが感じられます。

※その回毎に実験プログラムを変えて実施しています。どのプログラムが見られるかはお楽しみです。

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>