防災について学ぶ 体験

がまだすドーム(雲仙岳災害記念館)では、防災フェスタ in 島原半島がスタートしました。本日は、オープニングイベントを開催。500名の来場者がありました。防災に関わる関係機関のスタッフから直接教えてもらえる特別な機会で、防災士さんや消防職員さん、気象台職員さん、気象予報士の方々12名が説明にあたっていただけました。ご協力いただきました方々、本当にありがとうございました。今後もこのような防災イベントができればと思っています。

コーラを使った噴火実験
熊本地震でも起きた液状化について実験で再現
東日本大震災や最近起きた岩手の地震など、地震のメカニズムを模型で解説
救急車に乗って救命活動をしている職員さんから、心肺蘇生方法を教わりました
防災士さんから熊本地震の時の、被害の様子や災害復旧活動の様子を説明を受けました。
気象台職員さんから竜巻のしくみについて、模擬的にペットボトルで作った渦を使って説明を受けました。
雲仙復興事務所職員さんから砂防ダムなどの役割を模型を使って説明を受けました。

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>