瑞宝太鼓・島原農業高校和太鼓同好会がやってくる

がまだすドーム(雲仙岳災害記念館)では、開館15周年を記念して毎週日曜に「午後のコンサート」を開催しています。明日(19日)の日曜は、エネルギッシュな太鼓の演奏・講演会があります。瑞宝太鼓は、島原半島を拠点に活動し、全国に世界にと年100回以上の公演を行っているプロの団体です。希望を持ち、夢を実現するために努力する障害者の声を伝えたいと、”障害者「夢大使」”と題して、自らの行き方、活動を知ってもらうための講演も行われます。島原農業高校和太鼓同好会は、太鼓の演奏だけでなく、当館でおこなれる噴火災害の追悼行事”いのりの灯”、東日本大震災被災地、熊本地震被災地などボランティア活動を行いながら、人を想う気持ちを音と行動で感じさせてくれる団体です。ぜひ、見に来てください。

場所:がまだすドーム エントランス
時間:13:00~13:30 島原農業高校和太鼓同好会(1、2年生)
13:40~14:40 瑞宝太鼓 夢大使講演(講話+太鼓)
14:50~15:20 島原農業高校和太鼓同好会(卒業生含めたメンバーで)

入場*無料です。

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>