雲仙岳災害記念館 がまだすドーム

文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

外観デザインは、力強くそして優雅曲線を持たせ、大地のエネルギーをうねりとして表現します。有明海に面して海の広場を設けています。

モニュメント

溶岩と水を配置したモニュメントCOSMIC VOLUME(宇宙の力)は、全国から寄せられた義援金への感謝、被災された方への鎮魂、復興への希望を表しています。
(作家:脇田愛二郎)

展望ラウンジ

正面には荒々しい平成新山と1792年に大崩壊をおこした眉山を望むことができます。眼下には平成の噴火から復興していた町並みもみられます。反対側には穏やかな有明海をのぞむことができます。天気がよかれば対岸に熊本市や阿蘇の山々もみることがきできます。
詳細情報

ロックガーデン

普賢岳の噴火による火山灰や溶岩を路盤、盛土として活用。芝生の中の散策道「溶岩の道」の両脇の礫と自然の丘に点在する岩石(土石流で流下した岩石)は本施設を特徴づける重要な景観の要素となっています。

ワンダーラボ

火山学者の研究室をイメージした体験コーナーです。科学や火山、防災について、実験やワークショップを通じて一人ひとりが体験しながら学べます。
詳細情報

子どもジオパーク

雨の日も嬉しい屋内遊具スペースが、がまだすドームに新設!
地球の力や雲仙火山の魅力を体全体で楽しみ、感じ、学ぶ体験ゾーンです。
トランポリンやボルダリングなど、遊びながら学べるコーナもあります。
詳細情報

カフェ/ショップ

カフェとショップが新しく一体化。島原半島の大地のめぐみを届ける新しいスペースに生まれ変わりました。
詳細情報