雲仙岳災害記念館

top.jpg info_en_on.gifinfo_en_on.gif info_co_on.gifinfo_co_on.gif info_ca_on.gifinfo_ca_on.gif info_tw_on.gifinfo_tw_on.gif

雲仙岳災害記念館とは

1990年11月に始まった平成噴火・1996年の噴火終息宣言まで、この地で何が起き、そして、何が残ったのか。自然の脅威と、災害の教訓を、風化させることなく正確に後世へ残します。大迫力のドーム型スクリーンで火砕流・土石流を擬似体験できる「平成大噴火シアター」をはじめ、火山や防災について11のゾーンに分けて展示をしています。見て触れてリアルに体感しながら、わかりやすく学習できる日本で唯一の「火山体験ミュージアム」です。

もっと詳しくみるLinkIcon

平成28年熊本地震について

熊本地震に際し、被害を受けられた皆様にお見舞い申し上げます。 がまだすドーム(雲仙岳災害記念館)では、義援金の受付を行っています。 受付場所はがまだすドームエントランスです。
尚、当館は地震の被害もなく、平常通り開館中です。皆様のお越しをお待ちしています。

event.jpg event.jpg event.jpg event.jpg event.jpg

施設

雲仙普賢岳と有明海を一望できる記念館の位置は、噴火前、海だったところです。かつて、土石流の被害を受けた場所で、氾濫した土砂で出来た新しい町にあります。展望所からは、復興を成し遂げた町並みが一望できます。

もっと詳しくみるLinkIcon

展示室

展示室では、平成噴火の疑似体験や火砕流の体験、江戸時代の噴火、火山や人の共生など、知的エンターテイメントがいっぱい詰まっています。(ご見学の目安:約1時間)

もっと詳しくみるLinkIcon

島原半島世界ジオパーク情報スペース

島原半島世界ジオパーク情報スペースでは、大型モニターによる世界各地のジオパークや日本国内のジオパークを映像で紹介、パンフレット類の設置しています。また貴重な資料も展示。フロアー床面には島原半島の日本最大赤色立体地図を配置するなど見どころ満載。もちろん観光情報など島原半島の魅力も 発信しています。

もっと詳しくみるLinkIcon

nagare.jpg江戸時代の噴火で火山が大崩壊を起こして生じた島々(展望所より見られます)

fb_like_bn.png

fb_like_bn.png

geologo.png

kazan.jpgkazan.jpg
video.jpgvideo.jpg
saigai.jpgsaigai.jpg



人目のご来場者です